<< プロテインの秘密 | main | ドラゴンボールストラップ >>

スポンサーサイト

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • by スポンサードリンク
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク

目覚まし時計の活用法

スポンサードリンク
目覚まし時計、

あなたは使いますか?
使いませんか??

大抵の人は目覚まし時計に頼って
目覚めていると思います。

私もその一人です。

というか、
目覚まし時計なしには私はおそらく生きていけません。

目覚まし時計を5個ほどセットして
床に入る。

それをしないと安心して眠ることができません。

そう、私は最高に目覚めが悪いです、。

あれ?
最低というべきかな??

そんな私だからオススメする目覚めの方法が
あります。

それは、

絶対に体を起こさないとベルをとめられない
とこに目覚まし時計を置くという方法です。

しかも、5箇所別のところに。

体を興すか起こさないか、

これが目覚められるかどうかの鍵です。

目覚まし時計をとめるのに手を伸ばすだけの
距離ではおきることはできません。

※前提として目覚めの悪いかた

一番肝心なことは、
体を起こす、ということです、。


そして、体を起こしたら、
「今日も一日よいことがまってるぞ」
と声に出してみてください。

昨日までとはまったく違った
一日をスタートできることだと思います。

そんなあなたには、

おすすめの目覚まし時計があります。



シンプルそのものですが、
安くて、
音量が大きくて、
スヌーズがついているという

3拍子そろった目覚まし時計です。

是非是非試してみてください。

きっと明日から朝が快適になりますよ


スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • 18:55
  • by スポンサードリンク
スポンサードリンク


スポンサードリンク
アクセス解析
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links